Please reload

最新記事

*幸せ*空間Detoxって?

June 25, 2017

1/1
Please reload

特集記事

空間のエネルギーをアップさせる

April 13, 2018

 

 

 

***オーストラリアQLD情報誌・バグース4月号からの転載***

 

4月になり、季節の移ろいを感じる日が増えてきましたね。

QLDの秋はまだまだ暖かく、過ごしやすい気候ではあるのですが、それでも、秋が深まってくるにつれて、部屋の中から光は確実に少なくなっていきます。

 

本格的に隠の季節に突入です。

 

隠の季節に入ると、内省のエネルギーの流れが強くなるため、なんとなく寂しい思いに駆られたり、気持ちが沈むことがあった時に浮上しにくくなったりということもありがち。

 

 

そんな時でも、光や風を呼ぶ空間作りで、エネルギーをアップさせていく工夫を今回は紹介させていただきますね。

 

 

まずは換気

 

空間のエネルギーに適度に刺激を与えてくれて、流れを作ってくれる大切な風。

 

気温が下がってくると、空気の入れ替えを忘れがちになります。

 

 

 

「そこはかとなく」ふわっと通る風の通り道を作ってあげましょう。(ビュンビュン通る風は、一気に流れを変えるのにはいいですが、毎日の生活の中では落ち着かないのでお勧めしていません)

 

 

窓を開けるときは、一箇所だけではなく、数箇所の窓を開けること。

 

「こもった食べ物の匂いなどを外に流したい」など、流れを決まった方向に誘導したい時には、

逃がしたい方向の窓を大きく開け、入ってくる窓の方を少なめに開けるなどの工夫をすると、うまく動線が作れますよ♪

 

 

換気がうまくできていないと、湿気も多くなりがちです。

 

ただでさえ陽の光の弱まっている時期。

部屋のエネルギーは途端に重くなります。

 

そして、湿ったものは邪気を集める傾向もあります。

その予防のためにもしっかり風を通していきたいですね。

 

運はいつも風に乗ってやってきてくれますよ。

 

 

 

生きているもののエネルギーを入れる

 

部屋の中のエネルギーをアップするのに一番効果的なのは、生きているもののエネルギーを空間に取り入れること。

 

観葉植物などが取り入れやすい代表ですね。

 

多少であっても手をかけたり意識を向ける必要があるもの。こういったものは、風を起こし、

 

空間に活気を与えてくれ、その場を『ALIVE』なものにしてくれます。

 

 

 

実際の光を増やす

 

 

空間に光をたす方法として、実際に光の量を増やすことは、心に大きく作用します。

 

 

部屋の照明のシェード、最近ではいつお掃除しましたか?

 

ランプシェードをきれいにしてみる、電球の照度を少し上げる。

 

 

たったこれだけのことでも、部屋の印象とエネルギーの軽さは変わります。

 

 

他に光をたすものとしては、サンキャッチャーが手軽でオススメです。

陽の光を拡散してくれ、部屋に光と虹のエネルギーをたくさん作ってくれます。

 

サンキャッチャーを吊るす場所として適しているのは、朝とか夕方の強い斜めの太陽の光が入る窓辺。

 

オーストラリアではサンキャッチャーは一般的で、種類もいっぱい出ているので、お気に入りのものと出会うことがあったら、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

 

 

 

キャンドルを焚いてみる

 

空間に火の光をたしてくれるキャンドルは、同時に暖かなエネルギーも足してくれます。

 

少し肌寒くなってくる秋にはぴったりなアイテムです。

 

 

キャンドルの光は浄化と癒しの作用も強いです。

 

ちらちらと瞬く炎を眺めながら、今日1日を思い返すことで、その日にあった出来事を浄化し光に変える作業も同時にできます。

 

ゆらゆら揺れる光は、風も生んでくれ、再生する活力も与えてくれます。

 

 

キャンドルタイプのアロマディフューザーで、空間にお気に入りの香りを漂わせると、香りのエネルギーも一緒に受け取れて、一石二鳥ですよ。

(香りを使う場合は、必ず本物の品質のいいものを選んでください)

 

 

 

 

そして、秋は、過ごしやすいこともあって、食べ物がいっそう美味しく感じられる時でもありますね。

 

味覚を喜ばせてあげることは、豊かさに直結します。

 

食べ過ぎには注意ですが、普段よりも食べ物にこだわって、好みの味を探してみるのも、エネルギーの底上げにとってもいいですよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア