© 2019 by YokyYoky all rights reserved

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
Please reload

最新記事

*幸せ*空間Detoxって?

June 25, 2017

1/1
Please reload

特集記事

夏の終わり。たくさんの実りを受け取る準備を♪

February 18, 2018

 

 

***オーストラリアQLD情報誌・バグース2月号より転載***

 

南半球での2月は、日本で言えば8月。

まだまだ暑い日が続いていますね。

 

夏はすべての自然界のエネルギーが活性化される季節ですが、8月に入ったくらいから、そのスピードがさらに加速します。終盤に向かってテンポが速くなるのです。

 

頑張ってきたけれどうまく咲かなかったな、というようなものが小さくポンポンと『今のうちに』と咲いたりしやすいエネルギーが空気中に漂っています。

 

このまま秋になってしまうと、実をつけることも種を作ることもできないから、蕾にまでなっているのなら、『小さくてもいいから今のうちに咲いてしまいなさい』という宇宙の計らいですね。

 

この最後のタイミングを逃してしまうと、萎れてしまったり腐ってしまったりして、次のステージにつながる種を作ることもなく枯れてしまいます。その速度もまた早いのです。

 

咲かせきっていないかも?と思う方は、ぜひこの季節のエネルギーを存分に活用してくださいね。

十分に咲かせたわ。と思う方は、今度はしっかりその実りを受け取っていきましょう。

 

 

思いっきり『今』を楽しむ

 

では、具体的にどうすればいいのか?の一番最初のオススメはこれです。

 

「楽しむ」ことは受容すること。受け皿を大きくすることにつながります。

 

楽しめば楽しむほど、ほんの些細な実りもキャッチできる目の細かいザル状の器になっていきます。

 

今、目の前で起こっていることは、あなたがどの時点かで設定し、スタートさせたことが形になったもの。

 

まずは、それを受け取る。大げさなほどの喜びで受け入れてみてください。

 

 

 

言葉を意識する

 

全ての進み具合が早まるこの時期、どんな言葉を発しているのか??はいつもよりもさらに重要。

言葉には意識が宿り、現実となる種を蒔いているのと同じ。

 

その発したものが見逃される率が少なく、あっという間に成長しやすい流れの中にいます。

 

さっさと芽を出して伸びて花まで咲かせなきゃ季節が終わってしまう!と焦っている感じといえばイメージしやすいでしょうか。

 

あなたはどんな言葉を発していますか?

 

 

 

 

行動をする

 

うまく咲かせられなかったなー、と思うあなたは、ただ単に行動できていないだけかもしれません。

 

計画して、下調べもして、こんな風になってほしいなとイメージして意識を向けて。

でも残念ながらそれだけではやっぱり花にまではたどり着かない。

 

どんな小さなことでもいいんです。行動を起こせば、風が起こる。止まれば、止まる。

 

風の起こるところでは運のエネルギーも動きます。そしてそれは思いのほか大きな波となっていくかもしれません。

 

夏の終わりまであと少し。

 

行きたい場所、会いたい人、今までは躊躇していたけど本当は始めたかったこと。

 

やろうかな、どうしようかな、と迷うポイントがあったら、『行動』のチョイスをしてみてください。

 

この秋の収穫が確実に変わってくるはずです。

 

行きたい場所も、やりたい事も特に思いつかない、という方は、いつもなら行かない場所に行ってみたり、家の中の模様替えをしたりするのもいいですよ。

 

 

 

外見に意識を向けてみる

 

 

人間は見た目ではないとよく言われます。でも、外見を変えると運気は本当に変わりやすくなるのです。

 

 

自分に合うメイクアップの方法をプロに伝授してもらったり、美しく見えるラインと色の服を新調したり、シェイプアップを意識してエキササイズをしたりなど、

 

自分の「外見」に投資をしてみましょう。

 

手をかけてあげたものは必ず輝きを増します。外見が輝きだすと、表情にも笑顔が増え、それにつられてラッキーなエネルギーも、「お。あそこに行ってみようかな」と寄ってきてくれやすくなります。

 

秋や冬になればこれがなくなってしまうということではありませんが、今の方が次のステップに繋がりやすい活発さを併せ持っているので変化を感じやすいですよ。

 

 

 

そして最後に。

 

外も暑く体も火照るので、冷たい飲み物や食べ物、空調などで、冷をいっぱい取りたくなりますが、冷やしすぎないように注意してください。

 

秋が来る前に一番夏の暑さが厳しくなるのには理由があるのです。

 

くすぶっているものがあるならしっかり外に出し堪能し、必要なくなったものは燃やし、燃焼しきって次のステージに移る。

 

暑くてもずっと我慢してね、ということではなく、適度な「暑さ」を感じる場面は残しておいてくださいね